物流

物流パートナーとの協調

Cooperation with partners

荷主様企業の業務効率化を目的に、保管・荷役・運送といった物流業務全般を一括して
お引き受けさせていただく3PLサービスです。

3PLパイオニアとしての経験を生かし、柔軟性に富んだ

『 マテハン 』と『 人 』と『 IT 』

を融合させ、フレキシブルで高品質な「全体最適を実現する物流システム」をご提案致します。

貴社の物流マネジメントの向上、発展の一筋の光明となれば幸いです。

私たちが出来ること

OUR SERVICE

ン・ロジスティクスサービス

荷主様企業の業務効率化を目的に、保管・荷役・運送といった物流業務全般を一括してお引き受けさせていただく3PLサービスです。

高品質なサービスの提供

売物流支援

物流センター運営から配送までを一括受託。
製造業・流通業の
販売物流業務を最適化

効率化による物流コストの低減化

調達物流支援

生産現場の細かなニーズへの対応と調達物流で生産の効率化と納品リードタイムの短縮化、在庫削減、
コストダウンの実現サポート

最短納品リードタイム

サンロジが選ばれる3つの理由

SAN LOGISTICS SYSTEM

サン・ロジスティクスでは

高品質な『 全体最適を実現する物流システム 』

をご提案致します

01

高品質
サービスの提供

High quality

02

効率化
による物流コストの低減化

Efficiency

03

最短納品
リードタイム

Shortest delivery

物流のその先

物流のその先

3PLから4PL

荷主様企業の業務効率化を目的に、
保管・荷役・運送といった物流業務全般を
一括してお引き受けいたします。さらに物流業務を請け負うだけでなく
ロジスティクスに精通した
プロフェッショナルがお客様の立場で
荷主様企業の全体最適化、
SCM(サプライチェーンマネイジメント)の最適化へと導きます。

― Third Party Logistics

3PL(サードパーティ・ロジスティクス)とは

運輸業者や物流業者ではない物流企業(=第三者)が、荷主から一括で受託し、物流業務をおこなっていくことを
3PL(サードパーティー・ロジスティクス) 」と言います。

企業にとって効率的な物流ルートの創出は事業拡大のための根幹だといえます。 3PL(サードパーティー・ロジスティクス)の名の由来はメーカーをファーストパーティー、問屋や小売をセカンドパーティーと位置付けた場合、物流業務を担う企業はサードパーティーに相当するからです。そして、ロジスティクスとは物流を一元管理することを指します。つまり、第三者企業による物流の一元管理というわけです。

3PL導入による期待できるメリット
3PL導入による期待できるメリット

― Merit

3PL導入による期待できるメリット

― 商品やサービスの品質向上

3PL導入の最大の目的は自社の貴重な経済資源を中核業務に集中させることにあります。その結果、商品やサービスの品質向上に結びつけば大きな利益を得ることにつながります。

― 様々な経費の削減

3PL導入による物流改善により、人件費、運送費などの固定費を変動費に切り替えることができるため、荷量が少ない月はコストを削減することができます。

生産性向上

3PL導入により物流効率が上がれば、より多くの商品を配送することが可能となり、作業品質と生産性が向上します。

― Forth Party Logistics

3PLと4PLの違い

3PLの概念をさらに進化させた4PL(フォースパーティー・ロジスティクス)という考え方もあります。

これは従来の3PLのシステムにコンサルティング機能が加わったものです。まず、4PL業者は複数の3PL業者と荷主企業の間に立ち、互いの単一接点となります。 次に、自社のノウハウを3PL業者に伝えることで間接的に荷主企業へのプロデュースも行います。 そして、第三者的視点に立ちながら、3PL業者と荷主企業の関係を一元管理してお互いに利益がでるように調整するのです。 こうして、複数の3PL業者を管理統括することで従来では実現困難だった荷主企業の実情により深く寄り沿ったサービスの提供が可能になると考えられています。

3PLと4PLの違い

― Customs clearance

通関について

通関は貿易を行う上で必要不可欠な手続きのことで輸出入貨物の税関申告を行うことです。

関税法の規定に基づき、貨物を輸出又は輸入をする際、税関長に対して、貨物の品名、種類、数量、価格などの必要な事項を申告し、
必要な検査を受け、輸出又は輸入の許可を受ける手続です。当該許可を得ないと、輸出貨物を船積みすることができず、輸入貨物を保税地域から国内に引き取ることができません。
サンロジでは到着する輸入貨物の税関手続きや行政機関への各種申請手続きを行い、貨物を船会社から引き取り、国内配送先にお届けするまでの一貫した輸入サービスの提供を行っております。

― Forwarding

国際フォワーディングとは

企業のグローバル化が進展する現在、
私たちは迅速で安全な国際物流サービスで
お客様の海外取引をサポートしております。
輸出入に必要な様々な作業・手配を一手にお引き受けし、
複雑な通関業務にも対応できる体制を整えております。
海上輸送・航空輸送などあらゆる輸送モードを
組合せた国際物流サービス、さらに海外現地法人や
代理店と連携した国際複合一貫輸送サービスをご提供いたします。

国際フォワーディングとは

Operation

国内物流作業工程

脈物流

商品を最終消費者まで届ける過程

原材料から商品へと加工され最終消費者へと運ばれていく物流のことです。
物流を生き物の血液の流れに例えて、心臓から出て体の末端まで行く動脈になぞらえて「動脈物流」と呼ばれています。
調達物流、生産物流などが動脈物流に分類されます。

一次加工:製造過程の加工業務

動脈物流 動脈物流

脈物流

商品の返品過程

消費者から返品や回収などによって企業へと運ばれる物流のことです。動脈物流と同様に体の中を巡った血液が心臓へと戻っていく静脈になぞらえて「静脈物流」と呼ばれています。この静脈物流のことをリバース・ロジスティクスと呼ぶこともあります。返品物流、廃棄物流などが静脈物流に分類されます。

再生加工:商品の再生作業

静脈物流 静脈物流